サステナビリティ基本方針

ペリージョンソン グループ基本理念(日本法人用)

1.国際規範、法令等を順守する、コンプライアンス優先で透明性の高い経営を行います。

2.国籍、人種、性別等、全ての差別を排除し、人権尊重の価値観を共有します。

3.環境、社会、経済のバランスのとれた持続可能な経営を追求します。

4.ステークホルダーとの互恵関係を図るとともに地域社会の発展に寄与します。

5.企業人の理想を目指し、従業員が切磋琢磨して成長できる企業風土を作ります。

サステナビリティ基本方針

ペリージョンソン ホールディング 株式会社は、ISO認証、ビジネスコンサルティング、教育・研修事業を通して顧客のサステナビリティ活動の普及に努めるとともに、以下の方針を定めサステナブル社会の実現に向けてまい進します。

1.ガバナンス、コンプライアンスについてさらなる専門性を磨き、人権尊重をはじめとする倫理観、インテグリティの向上に貢献します。

2.関連するISO規格、国際イニシアティブについて一層の見識を深め、顧客の要望に的確に対応します。

3.ISO 14064検証、ISO 14001認証等、気候変動、自然環境、生物多様性の観点から、温室効果ガス排出量削減を核とする環境負荷低減に有効なサービスを提供します。また、グリーン購入規程を定め、環境に配慮した備品などの調達により環境負荷低減に努めます。

4.法令や倫理に則り公正な事業活動を行います。また、顧客、取引先、従業員および地域社会との信頼関係を大切にするとともに相互に利益を共有し、社会的な責任の一翼を担います。

5.人材育成の推進

「ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン」の理念の下、従業員のスキルアップやキャリアアップの支援を行い、人材の育成を図ります。

6.継続的な改善

マネジメントシステムのパフォーマンス向上について研究、研さんを図り、ESG(環境・社会・経済)に適応するとともに、サステナブル社会の実現に向けた継続的な改善に努めます。

 

上記の基本理念ならびに基本方針にもとづき、ペリージョンソンホールディング株式会社はEcoVadis(エコバディス)社のサステナビリティ評価においてブロンズメダルを取得しました。

EcoVadis社は、世界175カ国、10万社以上の企業に評価を実施するサステナビリティ・サプライチェーンの評価機関です。世界基準のサステナビリティ・スタンダードに基づいた独自の評価基準によって、「環境」「労働と人権」「倫理」「持続可能な資材調達」の4分野で企業のサステナビリティへの取り組みを評価しています。

企業経営にサステナビリティが不可欠となり関心が高まる中、多くのグローバル企業がサプライヤー選定をする際にEcoVadis社の評価結果を参照しています。

 

ペリージョンソンホールディング株式会社は、ISO認証、ビジネスコンサルティング、教育・研修事業を通して顧客のサステナビリティ活動の普及に努めるとともに、上記基本理念ならびに基本方針により引続きサステナブル社会の実現に向けてまい進します。